あおなみ小本アイクリニック 外観

白内障(りょくないしょう)

白内障とは…
  • カメラでのレンズにあたる水晶体(すいしょうたい)が白く濁って、見えにくくなるのが白内障です。
  • 白内障は、年を取ること(加齢)によって生じるものが最も多く、誰にでも訪れる老化現象の一つといえます。
    早い人で40歳代から始まり、80歳代以上では大部分の人で生じています。
  • その他には生まれつき(先天性)のものであったり、怪我、アトピー、薬、放射線など色々な原因で起こる場合もあります。

白内障の説明図

白内障のおもな症状は?

まぶしそうにしてるイメージ図

  • 白内障では、本来透明の水晶体が白く濁り、光が散乱するため、見えづらさを感じ、「目のかすみ」「視力の低下」を訴えるようになります。また屋外では、日中の太陽や夜間の対向車のライトを異常に「まぶしく感じる」ようになり、日常生活に支障が生じてきます。
  • 白内障の症状や進行には個人差があり右目と左目で進み具合が違う場合もあります。
  • 一般的にゆっくりと進行しますので、その見え方に慣れてしまい、特に初期にはなかなか気付かない場合があり、注意が必要です。
    また左右の目で進行度合いが異なると、進んだ側の見えにくさを、残りの目が補うため気がつきにくくなります。
  • 遠見の視力、夜間の視力、グレア視力(まぶしい中での視力)を測定し、これらを比較することで、白内障の進み具合が分かります。
    白内障があると、通常の視力が保たれていても、グレア視力が低下してきます。

白内障での見え方イメージ

白内障は治らないの?どんな治療があるの?
  • 残念ながら、一旦生じた水晶体の濁りを元に戻すことはできません。
  • ごく初期には進行を遅らせる点眼薬による治療を行う場合があります。
    進行した場合は白く濁った水晶体を取り除き、アクリルなどでできた人工の「眼内レンズ」に置き換える手術を行います。

白内障手術のイメージ図

目の病気・症状についてに戻るボタン