あおなみ小本アイクリニック 外観

ドライアイ

ドライアイとは
  • 「ドライアイ」では涙の減少や成分の変化によって、結膜や角膜などの目の表面が荒れた状態になり、様々な症状が現れます。

  • ドライアイには涙の分泌量が減るタイプと、涙の蒸発が進みすぎるタイプがあります。長時間のスマホやパソコン、コンタクトレンズの長時間装着、空調による乾燥、ストレスの増加などにより、最近、蒸発が進みすぎるタイプが増加しています。ドライアイの原因は不明で、複合的と考えられています。

    シェーグレン症候群という自己免疫疾患などでは、涙の分泌量が極端に減り、重症のドライアイ症状がみられます。

  • ドライアイで最初から「目が乾く」と訴える人は意外に多くありません。主な症状は、「目が疲れる」、「目の違和感」、「目がゴロゴロする」、「目がショボショボする」、「目が重い」などです。

    悪化してくると、「目が痛い」、「目を開けていられない」などの症状があらわれ、さらには「頭が痛い」、「肩が凝る」、「気分が悪い」など、全身的な症状に進行する場合もあります。

  • 治療としては、目の潤いを保つために人工涙液やヒアルロン酸を含む角結膜上皮障害治療剤を点眼します。また、涙の蒸発を防ぐ保護メガネを使用する場合があります。

    また涙の排出口である涙点 を塞ぎ、乾燥を防ぐ、「涙点プラグ」もあります。

    シェーグレン症候群での重症ドライアイでは、自分の血液の成分である自己血清を点眼する場合があります。

  • ドライアイの予防としては、パソコンやスマホの長時間使用を出来るだけ避けます。長時間になるときは意図的にまばたきを増やしたり、1時間に一度程度は体を動かしたり、休憩をとるなどしましょう。加湿器を使用するなど、室内の乾燥し過ぎないようにします。コンタクトレンズを使用していて、目がゴロゴロするなどの症状が出る場合は、眼鏡も併用するなどし、症状を悪化させないように工夫します。

目の病気・症状についてに戻るボタン