あおなみ小本アイクリニック 外観

加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)

加齢黄斑変性とは
  • ものを見るために最も重要な、網膜の中心部・黄斑部(おうはんぶ)が加齢にともない、障害されるのが加齢黄斑変性です。
  • 喫煙や肥満があると、発症率は高くなる傾向にあるため、加齢黄斑変性は「目の生活習慣病」とも呼ばれています。また遺伝的要因や、食生活などの生活習慣や太陽光などの環境要因もその発症に関係しています。
  • 加齢黄斑変性は50歳以上の男性に多く発症することがわかっています。
  • 日本では高齢化を背景に、加齢黄斑変性の患者数は増加傾向にあり、中途失明原因の上位を占めています。

目の断面図

加齢黄斑変性のおもな症状は?
  • 加齢黄斑変性では、中心がぼやけたり、歪んで見えたり、暗くて見えにくくなり、視力も低下します。また進行すると、色が分かりにくくなってきます。
  • 多くの場合、症状は片側の目からあらわれますが、見えにくさは残りの目で補うため、異常に気づくのが遅れる場合があり注意が必要です。

加齢黄斑変性の見え方イメージ

加齢黄斑変性には種類があるの?

加齢黄斑変性には、滲出型(しんしゅつがた)と萎縮型(いしゅくがた)の2種類があります。前者は進行が早く、後者は進行は遅くなります。

  • 滲出型加齢黄斑変性(しんしゅつがたかれいおうはんへんせい)
    網膜に老廃物が増え、これを処理するために新しい血管である新生血管が増えます。この血管はもろく破れやすいため、出血を起こし、網膜にある視細胞が障害をうけてしまうのです。 滲出型は初期から、黄斑でも、もっとも感度のよい部位・中心窩(ちゅうしんか)近くに病変が起こることもあります。 中心窩はものを見るのに重要な働きをしていますので、視力の維持の上で大変に重要です。 このため詳しい診断の上、早い時点での治療開始が望まれます。
  • 萎縮型加齢黄斑変性(いしゅくがたかれいおうはんへんせい)
    長年にわたって進行するため、中心窩近くに病変が及んでいない場合は、積極的な治療をしない経過観察となります。
加齢黄斑変性の治療法は?
  • 近年、滲出型の治療法として、新生血管を抑える薬剤(抗VEGF抗体)を目の中(硝子体)に直接注入する方法が開発され、日本でも広く行われています。費用については、各施設にご確認ください。
  • 病型によっては薬剤と弱いレーザー光を組み合わせ新生血管を抑制する光線力学療法(PDT)が行われます。
  • さらに最近では、「滲出型加齢黄斑変性」を対象に、iPS細胞から作製した網膜色素上皮(RPE)シートを移植することにより、視機能を維持、改善する新たな治療法の開発の研究が始まっています。

加齢黄斑変性の治療方のイメージ

目の病気・症状についてに戻るボタン